人生ゲーム漬けなダメ人間のBlog


ここなのプロフィールページ
過去展示物はこちら
昔の日記:fUteiKi_niKKi(old)
今日のよろず

色々と断片的に思うことがあったりするのでつらつらと書いてみたり。
どれもこれもまとまって無い感じですががががが


何もかもが集中しすぎている


最近なにもかもが集中しすぎていて困るわけです。職も富みもお金もなにもかも。こういう書き出しだと、なんだ僻みかみたいに取られそうなんですが、そういうのじゃなくて。結構みんなの生活というよりは将来の国のありかたとか、もっと身近な町のあり方に関する話なのです。


確かに金融を含めたお金の流れを考えたとき、全ての資財を一箇所に集中させたほうが最大の富が得やすい(得られる、ではない)のは理屈としては飲み込めるのです。でも、それはあくまで実態のないお金の話。でも世の中はそんなものだけでは成立するわけもなく、実際に物質が行き来して始めて経済とか金融、もっというと生活というものは成り立っているのです。


例えば、自分の身近な例でいうと日本各地にアーケード筐体を売りたい。でも人口が都市部に集中してしまっているから地方には売ることが出来ない。でも人々は集中することで無駄な店舗は減らせるし、店舗が減れば物流コストは下がるしお店にとっては良いことづくしなのです。お店にとっては。


僕らの側から見てみると、人が集中しすぎて車が動かない、レジでは長蛇の列が出来て待たされる。通勤時の満員電車なんて地獄なわけです。でも、これって僕らが望んで起きていることなんです。でも望んだ結果もたらされたのは過剰から生まれる不便の山なのです。では、儲けているのはだ・れ・か?


まあ、つまり効率的になる結果、何もかもが集中するということは、その結果もどこかに一極集中して当然なわけです。身動き取れるようにするには何かを分散しないことにはいい加減身動き取れなくなっているんじゃないかと思うわけです。

ゲームの営業というものについて考える


で、すっげー長い前フリはこのあとの結論の出ない話をなんとか煙に巻こうと画策しているわけではなくてですね、


権限の集中というか、効率的な分業というものがそろそろ必要じゃないかと思うわけです。どっかの会社の営業がクソだみたいな話はよく聴かされてアイタタタな感じではあるのですが、そもそも時代にあった開発、時代にあった営業というものが行われていないのではないか、とか思ったわけです。


これまでゲームというのは、企画に対して面白ければ売れるだから面白いものをつくれ、が常でした。でもこれだけ娯楽が溢れて嗜好が拡散してくると企画が面白いだけでは昔のように売れないわけです。だって、効率化の波にまきこまれて消費者もムダを省いて自分の資財を一極集中しているわけです。有象無象のくだらないものにお金なんておとすわけがありません。そうなると、物を売るためには的確に顧客の情報を掘り起こし、それを製品化するというプロセスが大部分で必要になってくるわけです。どーせ世の中の大半のゲームは基礎研究なんて必要としないものばかりになりつつあるわけですし。


営業というものは出来上がったものについて、とりあえずよーわからんけど売る。で成り立ってたけど、最近はそうも行かなくなってきています。なんというか、営業は出来上がる前にモノを売ることを確約する必要が出てきた、というかデジタルの世界では出来上がる前にソフトに値が着くなんてわりと当たり前になってきてます。値が着くって言うと誤解があるけど、資金調達っていう意味では作る前にどれだけお金をかき集められるか、どれだけの納入を確約できるか、が段々と問われてきている気がするのです。


企画は自分の感性だけではお金がおりず、営業は自分の力量だけでは納入が確約できないジレンマが生まれてきます。さて、それではそれぞれの仕事を効率的に活かすには集中・先鋭化したノウハウをどのように活かせばよいのでしょーか!

  1. 営業の情報力を活かした企画立案と資金調達

  2. 企画の能力を活かした商品開発


この2点になってくるのかなあ、と。社内政治とか抜きにして顧客から直接ニーズを吸い上げて、企画を立ち上げプロジェクト開始から製品納入までの責任をもつ営業企画とアイデアを商品化する能力に長けた開発企画の2種類の企画というのが必要なのかなあ、と。


今まではPとかDとか欧米的な役割分担をしていたんだけど、やはり島国日本でそんな贅沢な人の使い方はできないわけです。でも、だからといっていい加減既存のやりかたで、このジリ貧消費を喚起できるわけもないわけです。少ない資金でなんとかするには金持っている人からお金をせし(略…もとい募集して、納入まで確約させる企画力と営業企画の立ち上げた企画とせし(略…もとい頂いたお金を効率よく運用できる開発企画というPでもDでもなく微妙な立ち居位置で微妙な権力と微妙な器用貧乏が織り成す至高の技というものをですね、


なんだか話がだいすぺくたるになりそうなのでこの辺で失礼します( ゚Д゚)…


| ここな | かんがえごと | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment










Trackback
url: http://kurobee.kokona.lomo.jp/trackback/1037870

new | top | old


累計 本日 昨日

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
-Paging Navigation-

new | old

▲PageTopへ▲