人生ゲーム漬けなダメ人間のBlog

ページ内情報

プロフィール

ここなのプロフィールページ / 過去展示物はこちら / 昔の日記:fUteiKi_niKKi(old)
カテゴリーで検索
ページ内検索






最近の日記一覧

コンテンツ

2D的な3Dが流行る、だとぉ

バカじゃネーの。そんなのとっくの昔にさんでぃギークが散々やってきたけど皆流行らなくて他の業界に逃げたじゃねーか。バッカじぇねーの。


と、いうのはどっかの島国さんとこで見たエントリをみて感じたことなわけですがーがーがー


まあ、確かに2D的なもの、この際だからにでぃとか言っちゃうか。にでぃは安そうに見える。というか実際安い。でもにでぃが安いのは技巧的に安いからじゃなくて技巧的に高いものを無理やり安くしているから安いのであって技巧的にはスゲー高い。で、そんなもんをさんでぃに置き換えても高いものは高い。もっと言えばさんでぃに置き換えた時点でコストはバカみたいに膨れ上がるだけ。


2D的な表現って平たく言うけど、3Dのエンジンチューンして2Dライクに見せるだけだし、2Dの利点は破綻が利く事だけど3Dでその破綻を認めると途端に作るコストが跳ね上がる。もっと言えばツールがつかえるだけでモノなんて作れるわけじゃないから、実際にはそこにさらににでぃがデキル人を囲ったりとか結構やることは多い。


ゲーム以外にもコンテンツ作りをしている自分だからハッキリ言えることだけど、ツールがつかえるかどうかなんてモノづくりの話においてはしょーじきどーだっていい。ぶっちゃけツールがつかえなくても紙とペンだけ持たせりゃ無の世界に色々創造できちゃえば、その後なんて作業工程の調整の話でしかない。だからモノづくりの現場で一番評価されるべきはにでぃでガリガリ描けて紙の上でも自己主張できる人だと自分は思っている。で、本来表現はそうあるべきで、ツールというのはそういう人が一番触りやすくするのがあるべき姿だと自分は今でも思っている、が実際のところそんなことはない。


確かにツールを使いこなせることはバカには出来ない。しかし、会社が変わったり、変わらなくても1年ごとに覚えたことがリセットされるようなオペレーター地獄みたいな環境に対して金払い続けるのも正直ナンセンスだ。っつーかそんなもん無くても物が作れるなら、そっちの方がいいに決まってる。でも実際そんなことはないのは、そんだけモノづくりが成立するまでの工程がそんだけ必要になってるから、ってだけのことでソレはぶっちゃけギークの作ったツールが人の創造力に到底追いついていなかったってだけのことだ。だって追いついてれば使うツールの数だって減る筈だからインプットからアウトプットまでに必要な加工の機会も少なくなるはずだ。


だから2D的な3Dなんてナンセンスだと思うワケ。
なので個人的には3D的な技巧を取り込んだ2Dってのが来てもそろそろいい頃合じゃね?とか思うわけですよ。インバース持った2Dとかね。そろそろテレビも60フレとか逝きそうで30フレのセルじゃ絵が止まりすぎてヤヴァイよ!とかになりそうなのは目に見えてるし、今の倍絵を描いて今のコストで自転車操業とかそろそろムリでしょ。


最後にもう一度だけハッキリしておきたいのは、モノづくりにツールなんてどうでも良くて、無から世界を作っちゃう絵描きさんだったり文書きさんがこの世界で一番評価されないとモノづくりなんて誰もしないよ、ってこと。ソレがわかってたらあんなギークよりな発言はできないと思うんですけどね、フツー。



| ここな | サンデーぴーぽー | comments(0) | trackbacks(0) |


<< メタル祭りの結果 | main | 今から帰ると… >>



Comment











Trackback
url: http://kurobee.kokona.lomo.jp/trackback/1030000

その他情報

管理者ページ / RSS1.0 / Atom0.3 / Powered by ロリポブログ

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.